招待・依頼講演
Home
Profile
Publication list
Photo
Objective
Research


Y. Kawano
"Flexible and Wearable Terahertz Imaging and Inspection"
20th World Conference on Non-Destructive Testing (June 8-12, 2020, Seoul, Korea). 発表決定

Y. Kawano
"Nano-carbon bendable terahertz camera: a tool for multi-view inspection"
1&2D Materials International Conference and Exhibition (January 28-29, 2020, Tokyo). 発表決定

河野 行雄
"TBA"
電子情報技術産業協会先端イメージングデバイス・技術分科会(2019年12月18日、東京)発表決定

Y. Kawano
"Nano-Carbon Flexible Photonics and Plasmonics for Terahertz and Infrared Applications"
10th A3 Symposium on Emerging Materials: Nanomaterials for Electronics, Energy and Environment (October 26 - 30, 2019, Sungkyunkwan University, Korea) 発表決定

河野 行雄
"2次元フレキシブル広帯域光検出センサー"
日本金属学会研究会「光を用いた生体情報イメージング」(2019年10月10日、東京工業大学)発表決定

Y. Kawano
"Nano-Carbon Flexible Camera and Frequency-tunable Plasmonic Imager"
5th International Symposium on Microwave/Terahertz Science and Applications (MTSA2019) (29 September-3 October 2019, Busan, Korea) 発表決定

河野 行雄
"ナノカーボンテラヘルツ帯カメラとフレキシブル・ウェアラブル分析"
第80回応用物理学会秋季学術講演会シンポジウム「ナノカーボン・原子層物質の新展開と将来展望」(2019年9月18~21日、北海道大学)発表決定

河野 行雄
"フレキシブルテラヘルツイメージング技術の開発と産業・医療応用"
日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会第177回研究会(2019年8月29~30日、東京工業大学)

河野 行雄
"カーボンナノデバイスによるフレキシブル・ウェアラブルテラヘルツ帯カメラと全方位画像検査"
テラヘルツテクノロジーフォーラム・2019 年度講演会(2019年5月17日、大阪大学 医学・工学研究科東京ブランチ)

河野 行雄
"ナノカーボン材料によるフレキシブル・ウェアラブルテラヘルツ帯カメラとマルチビュー画像検査技術"
日本学術振興会「テラヘルツ波科学技術と産業開拓第182委員会」研究会(2019年4月26日、大阪大学 医学・工学研究科東京ブランチ)

Y. Kawano
"Non-invasive Bio-imager Based on Frequency-tunable Terahertz Plasmonics"
7th Advanced Electromagnetics Symposium (July 24-26, 2019, Lisbon, Portugal)

Y. Kawano
"Nano-carbon flexible terahertz camera for multi-view inspection"
Graphene 2019 (June 25-28, 2019, Rome, Italy)

河野 行雄
"ナノカーボン材料による折れ曲がるテラヘルツ帯カメラ~フレキシブル・ウェアラブル分光画像検査への応用~"
NBCIテクノロジー委員会 ナノカーボンWG講演会(2019年3月4日、東京)

河野 行雄
"ナノカーボン材料によるテラヘルツ帯分光画像計測-産業・医療における新規非 破壊・非侵襲モニタリング-"
第2回Kyudai global Open Innovation Network Engineミーティング(2019年2月22日、九州大学)

河野 行雄
"ナノカーボン材料によるフレキシブル・ウェアラブルテラヘルツ帯カメラとマルチビュー画像検査技術"
第14回ナノカーボン先端技術交流会(2019年1月9日、大宮ソニックシティ)

河野 行雄
"ナノカーボン材料並びにプラズモニック構造によるテラヘルツ帯撮像素子-マルチビュー計測と超解像計測-"
電子情報通信学会テラヘルツ応用システム研究会(2018年12月17日~18日、東北大学)

河野 行雄
"テラヘルツ物質・バイオ分析:ナノカーボン材料・プラズモニクスの応用(仮)"
第15回プラズモニック化学研究会シンポジウム (2018年11月9日~12日、首都大学東京)  講演決定

Y. Kawano
"Multi-View Terahertz Inspection with Carbon Nanotube"
International Conference on Electronic Materials and Nanotechnology for Green Environment (ENGE 2018), (Nov 8-11, 2018, Jeju, Korea) 講演決定

河野 行雄
"ナノカーボン材料によるテラヘルツデバイス・計測:物質・バイオ分析への応用"
第37回電子材料シンポジウム (2018年10月10日~12日、ホテル&リゾーツ長浜)  講演決定

Y. Kawano,
"Carbon nanotube omnidirectional terahertz cameras"
7th Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems of Terahertz Devices & Technologies & 4th TERAMIR International Laboratory Workshop (September17-21, 2018, Warsaw, Poland)  講演決定

河野 行雄、
"ナノカーボンテラヘルツ帯イメージャー~マルチビュー・超回折限界計測と物質・生体非破壊分析~"
第55回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(2018年9月、東北大学) 講演決定

Y. Kawano,
"Terahertz Flexible Photonics and Plasmonics (tentative)"
Symposium on micro/nano optoelectronic materials and devices (MOMD) (Beijing, China, Aug 10-12, 2018)  講演決定

Y. Kawano,
"Nano-Carbon Flexible Photonics and Plasmonics for Terahertz Imaging and Spectroscopy"
Progress in Electromagnetics Research Symposium (PIERS) (August 1-4, 2018, Toyama) 講演決定

河野 行雄,
"テラヘルツ帯フレキシブルカメラと超回折限界分光イメージャー:カーボンナノチューブ・グラフェンとプラズモニクスの応用"
第52 回センサ&アクチュエータ技術シンポジウム「未踏の周波数を開拓する:テラヘルツ波の発生・検出とその応用」(2018年5月24日、化学会館)

河野 行雄、
"テラヘルツ帯フレキシブルイメージャーの開発と全方位非破壊検査への応用"
テクノロジーシャワープログラム(東京、2017年6月)

河野 行雄、“テラヘルツイメージングによる新規非破壊検査と品質管理”、第77回分析化学討論会 「品質保証を支える分析技術」(龍谷大学 20175) 

Y. Kawano
"Terahertz Photon Detectors"
Light-driven Nuclear-Particle physics and Cosmology 2017 (Yokohama, April 2017)

河野 行雄

チップ型近接場テラヘルツ波イメージングとその応用
SIMS 研究会 ALC15サテライトチュートリアル 「SIMSと関連技術による化学イメージング」(成蹊大学、20168月)

河野 行雄
"
ナノカーボン材料を利用したテラヘルツ波検出・イメージング:物性研究から産業・医療応用まで
新学術領域研究ハイブリッド量子科学・若手研究会 (東京理科大学、20168月)

Y. Kawano
Nanoscale Terahertz Sensing and Imaging with Graphene and Arrayed Carbon
Nanotubes

4th Advanced Electromagnetics Symposium (Malaga, Spain, July 2016).

Y. Kawano
“Near-field frequency-selective terahertz imaging utilizing graphene and carbon nanotubes”
SPIE DCS (Baltimore, MD, United States, April 2016).


河野 行雄
カーボンナノチューブ・グラフェンを用いたナノスケールテラヘルツ波デバイス・システム
日本真空学会・12月研究例会「カーボン系新材料研究の現状と展望」(東京、201512月) 

河野 行雄

“グラフェンを用いたナノ領域テラヘルツ分光イメージングデバイス”
シンポジウム「テラヘルツ科学の最前線II」(宮城、2015年11月)
 

河野 行雄
“テラヘルツナノデバイス・計測とその応用:最近の進展”
「新しい光科学の創成とナノ情報デバイスへの展開Ⅲ」研究会(東北大学、2015年10月)
 

河野 行雄
“カーボンナノチューブ・グラフェン素子を用いたナノスケールテラヘルツ波検出・分光・撮像技術”
グラフェンコンソーシアム第8回研究講演会(東京、2015年10月) 


Y. Kawano
“Nanoscale Terahertz Spectroscopic Imager with GaAs and Graphene Devices”

Joint Symposium of 3rd International Symposium on Microwave/Terahertz Science and Applications (MTSA 2015) and 6th International Symposium on Terahertz Nanoscience (TeraNano 6) (Okinawa, June 2015). 

Y. Kawano
“Nanoscale Terahertz Imaging and Spectroscopy with Nanostructured Semiconductor and Graphene Devices”

4th Terahertz Technology Workshop (Korea University, Seoul, Korea, June 2015).

河野 行雄

ナノ領域におけるテラヘルツ波センシング・イメージング技術の開発とその応用
平成27年度 第1回カーボンナノ材料研究会 大阪、20156) 

Y. Kawano
Semiconductor and Graphene Devices for Nanoscale Terahertz Imaging and Spectroscopy
IEEE International Microwave Symposium (IMS2015) (Phoenix, Arizona, USA, May 2015).

Y. Kawano

Semiconductor and Graphene Devices for Nanoscale Terahertz Imaging and Spectroscopy
5th International Symposium on Terahertz Nanoscience (Martinique, December 2014). 


Y. Kawano

Terahertz Imager and Spectrometer with Nanostructured Semiconductor and Graphene Devices
3rd Russia–Japan–USA Symposium on Fundamental & Applied Problems of Terahertz Devices & Technologies (NY USA, June 2014). 


Y. Kawano
Active and Passive Near-Field Terahertz Microcopy
5th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (Singapore, May 2014).

河野 行雄

オンチップ型近接場テラヘルツ分光イメージングとその応用:半導体・グラフェン・高分子
先端光量子科学アライアンスセミナー 慶應大学、20143) 

河野 行雄

“グラフェンによる広帯域周波数可変テラヘルツ・赤外光検出”
応用物理学会応用電子物性分科会 「グラフェンの基礎物性とデバイス応用の新展開」 東京工業大学、201312 

河野 行雄
“半導体・グラフェンによるテラヘルツ波検出・分光・撮像デバイス”
電子情報通信学会・THz応用システム研究会(北海道大学20138

Y. Kawano

Graphene-Based Terahertz and Infrared Spectrometer
Collaborative Conference on Materials Research 2013 (Jeju island, South Korea, June 2013).


河野 行雄
新規開拓電磁波「テラヘルツ波」で捉える物質の機能~半導体、ナノカーボン、ソフトマター~
丸文財団 特別公開シンポジウム フォトニクス・エレクトロニクス融合の最先端 (東京大学 先端科学技術研究センター 、2013年5月) 


Y. Kawano

“Active and passive near-field THz imaging”
International Workshop on Terahertz Science and Technology 2013 (Kyoto, April 2013). 

河野 行雄
半導体・カーボンの低次元構造を用いたテラヘルツ波センシング・イメージング 
日本学術振興会 将来加工技術第136委員会・第3回合同研究会 ものづくりを支え、育てる加工・評価技術 (東京、2012年9月) 

河野 行雄

"半導体量子構造・カーボンナノチューブ・グラフェンを用いたテラヘルツ波検出・画像計測"
応用物理学会テラヘルツ電磁波技術研究会・若手研究者サマースクール(長野、20128月).

Y. Kawano
“Nanoscale THz Sensing and Imaging with Nano-Carbon Devices”
2nd International Symposium on Terahertz Nanoscience (Okinawa, July 2012).

Y. Kawano
Terahertz sensor and imager with nanostructured semiconductor and carbon devices”
IEEE International Microwave Symposium (Montreal, Canada, June 2012).

Y. Kawano
“Nanoscale THz Sensors and Imagers”
IEEE Topical Symposium on RF NanoTechnology (Singapore, May 2012).

河野 行雄
半導体量子構造・カーボンナノチューブ・グラフェンを用いた超高感度テラヘルツ波・赤外センサ
日本学術振興会 薄膜第131委員会・第260研究会(第141委員会との共催) センサ用薄膜技術 (東京、2012年5月) 

Y. Kawano

"
Highly Sensitive and Frequency-Tunable Terahertz Detection with Carbon Nanotubes and Graphene"
1st International Symposium on Terahertz Nanoscience (Osaka, November 2011). 

Y. Kawano
(Keynote)
"
Terahertz Sensing and Imaging Based on Nano-Carbon Devices"
36th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (Houston TX USA, October 2011).
 

河野 行雄
“テラヘルツ波によるグラフェン物性評価と素子応用”
2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会シンポジウム  「ナノカーボン材料の最新動向(3):グラフェンおよびナノチューブ」 (山形大学、20118).

河野 行雄
“半導体・カーボンデバイスを用いたナノ分解能テラヘルツ波イメージング”
2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会シンポジウム  「光科学のフロンティア-若手研究者による分野横断・融合と新展開-」 (山形大学、20118).

河野 行雄
近接場デバイス
応用物理学会テラヘルツ電磁波技術研究会・若手研究者サマースクール(岡山、20118). 

Y. Kawano

Scanning nanoelectrometer for mapping electric potential and its fluctuation”
2011 CMOS Emerging Technologies Workshop (Whistler, BC, Canada, June 2011). 

河野 行雄
テラヘルツナノイメージングの開発と物質材料研究への応用
第1回超高速光エレクトロニクス研究会(慶應義塾大学、2011年4月) 


Y. Kawano

“Terahertz characterization of graphene and its application to an ultra-wide band tunable detector”
9th Metamaterials & Nanophotonics Symposium (RIKEN, Wako, March 2011). 

Y. Kawano (Keynote)

A Wide-Band Frequency-Tunable Terahertz Detector Using a Graphene Device
2nd International Workshop on THz-Bio (Seoul, Republic of Korea, January 2011).
 

河野 行雄
“半導体・ナノカーボンによるテラヘルツ波センシング・ イメージング”
テラヘルツテクノロジーフォーラム・平成22年度・第2回技術検討会(理化学研究所、2011年1月) 


河野 行雄
半導体・カーボン材料による量子ナノデバイスを用いたテラヘルツ波センシング・イメージング
レーザー学会・年次大会(電気通信大学、20111月) 

Y. Kawano
“Highly sensitive terahertz sensing and imaging devices with nano-structured semiconductors and carbon materials”
3rd Korea-Japan Workshop on Terahertz Technology (Busan, Republic of Korea, December 2010). 


河野 行雄
“ナノデバイス工学分野におけるテラヘルツイメージングの研究”
第4回テラヘルツ・電磁波応用研究会(長野、201012月) 

河野 行雄
高機能テラヘルツ電磁波計測の開拓とメゾ・ナノ系量子伝導研究への応用
極限コヒーレント光科学研究会(東京大学物性研究所、201011月) 


Y. Kawano
“Terahertz-wave sensing and imaging based on nanostructured electronic devices”
1st Annual World Congress of Nanomedicine (Nanomedicine 2010) (Beijing, China, October 2010).


河野 行雄
半導体・ナノカーボンデバイスによるテラヘルツ近接場顕微イメージングと応用
「テラヘルツ分光計測とイメージング」研究討論会(福井、20108月) 

Y. Kawano

Terahertz sensing, imaging, and applications”
2010 CMOS Emerging Technologies Workshop (Whistler, BC, Canada, May 2010). 

Y. Kawano
“On-chip terahertz-wave imaging for medical care”
1st Annual World Congress of Immunodiseases and Therapy (WCIT 2010) (Beijing, China, May 2010). 

河野 行雄
“半導体・ナノカーボンデバイスを用いた高感度・高分解能テラヘルツイメージング”
日本学術振興会・「テラヘルツ波科学技術と産業開拓」第182委員会・第6回研究会(京都大学・東京オフィス、2010年4月) 

Y. Kawano
“Scanning electrometer based on quantum electronic devices: Mapping of electric potential and its fluctuation”
17th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (Izu, December 2009). 

Y. Kawano
Highly sensitive detection and near-field imaging of terahertz waves: applications to materials science
International Workshop on Terahertz Technology 2009 (Osaka, November-December 2009).

河野 行雄
“近接場テラヘルツイメージングとナノ電子物性研究”
日本分光学会・ナノ分光部会シンポジウム(理化学研究所、2009年11月) 

河野 行雄
“高分解能テラヘルツ波イメージング:ナノ電子材料分析への応用”
画像計測研究会2009 (核融合科学研究所、2009年9月) 

河野 行雄

“高感度・高分解能テラヘルツイメージングの開発と物質研究への応用”
テラヘルツテクノロジーフォーラム、応用物理学会テラヘルツ電磁波技術研究会 共催研究会 「テラヘルツイメージングの進展」 (京都大学、2009年7月) 

河野 行雄

低次元電子材料を用いたテラヘルツ波の高感度検出・高分解能イメージング”
第43回光波センシング技術研究会講演会「テラフォトニクスと光波センシング」(埼玉大学東京ステーションカレッジ、20096月) 

河野 行雄
“超高分解能テラヘルツ波イメージング -固浸レンズ式と近接場式-”
電子情報通信学会大会・2009年総合大会シンポジウム「ここまできたミリ波・テラヘルツ波イメージング」(愛媛大学、20093月)

Y. Kawano
Near-field terahertz imaging sensor
Japan-America Frontiers of Engineering Symposium (Kobe, November 2008).

Y. Kawano
Application of low-dimensional electronic devices to THz technology: Carbon nanotube detector and near-field imaging
2nd Japan-Korea Joint Workshop on THz Technology
(Tokyo, October 2008).

Y. Kawano
Frequency-tunable detection and near-field imaging of THz waves
International Symposium on Terahertz between Japan and Sweden (Tokyo, May 2008).

河野 行雄

量子ホール系におけるテラヘルツ発光・電位イメージング

日本物理学会63回年次大会・若手奨励賞受賞講演(近畿大学、20083月)

 

Y. Kawano

Terahertz sensing and imaging using carbon nanotubes: application to quantum transport”

LISE Special Seminar at Harvard University (Cambridge, March 2008).

 

Y. Kawano

“Terahertz sensing and imaging based on carbon nanotubes: frequency-selective detection and near-field imaging”

JST-DFG Workshop on Nanoelectronics (Aachen, March 2008).

 

河野 行雄

カーボンナノチューブによるTHz検出と近接場THzイメージング

量子エレクトロニクス研究会・テラヘルツ電磁波技術研究会合同研究会「テラヘルツ分光・イメージングとテラヘルツデバイスの物理」(上智大学セミナーハウス20081

 

河野 行雄

カーボンナノチューブを用いたテラヘルツ量子検出器の開発と近接場テラヘルツイメージングへの応用

「テラヘルツ波による物質・生命の科学と応用」に関する11回研究開発専門委員会(東京、200710月)

 

河野 行雄、豊川 聖子、布施 智子、内田 剛生、石橋 幸治

カーボンナノチューブ量子ドットを用いた周波数可変テラヘルツ光子センシング

2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会・講演奨励賞受賞記念講演(北海道工業大学、20079月) 

 

Y. Kawano and T. Okamoto

“Spatial imaging of noise voltages by a quantum-Hall scanning electrometer”

7th International Conference on New Phenomena in Mesoscopic Structures/5h International Conference on Surfaces and Interfaces of Mesoscopic Devices (Hawaii, Nov. 27-Dec. 2, 2005).

 

河野 行雄

“量子ホール系輸送現象のイメージング観測”

日本物理学会秋季大会シンポジウム「半導体物性研究におけるイメージング計測の現状」(同志社大学、20059月)

 

Y. Kawano and T. Okamoto

“Macroscopic size effect of inter-Landau-level scattering in quantum Hall systems”

16th International Conference on High Magnetic Fields in Semiconductor Physics (Florida, August 2004).

 

河野 行雄、小宮山 進

“量子ホール系からのサイクロトロン発光:非平衡電子分布の直接観察”

日本物理学会第56回年次大会シンポジウム「強磁場中2次元電子系の多彩な量子現象」(中央大学、20013